靴のインソールを変えると

本日、貴重な機会をいただいてとある有名な先生のインソール作りの実際の製作現場を見学させていただきました。

お客様とマンツーマンで話を聞いたり実際に歩いてもらったりしてその人にとって最適なインソール作りをしている姿を見てシンプルに見とれてしまいました。

歩行動作を見て、自分ではどこがどう変わったかあんまりわかりませんでしたが先生は一瞬で「あ〜スピード感出ましたね」とか「前に行くようになりましたね」と歩行の変化を察知していました。

お客様も、「歩きやすい」という声を常々漏らしていて、さらにスクワット動作も力強く変化していてインソールを変えるだけでこんなにも主観的にも客観的にも変化が起きるのかと実際に目の前で見て驚きました。

足部と運動は深く関わり合っていて、足部の健康が効率よく運動をしていくためには本当に重要なんだなと感じました。

目次

なぜ、足部が運動に重要なのか

それは、人間が歩くときや走っている時、唯一地面に触れているのが足部であるからです。

足部がしっかりと安定して地面を捉えることができれば効率的に力を全身に波及することができます。

例えば、スクワットをする際にかかとを上げたままスクワット動作を行うと身体全体はグラグラして不安定になってしまいます。逆に足部できちんと地面を捉えてスクワットをすることができれば上体までしっかりと安定したスクワット動作が可能となります。

つまり、足部の安定が全身の安定に直結するというわけです。

適切なインソールを作ることで足部の形を矯正することにつながり、インソールを入れるだけで誤った運動パターンが改善されるということはザラにあるようです。

まとめ

現代は靴を履かない人はなかなかいません。少なくとも自分は横浜駅で靴を履かないで歩く人をみたことがありません。

毎日必ず履く靴こそ、足部の健康に大きく影響します。

適切なインソールは入れるだけで本人の無意識下でリハビリになるので本当に素晴らしいツールだと思います。

自分も機会があれば作ってみたいと思います。

今回は以上になります。

この記事を書いた人

質の高い運動・食事・睡眠に生きがいを感じて、日々探求中。
良さげなサプリメントはすぐ試すという変な趣味を持っています。
そんなことから、ダイエット・トレーニング・リカバリー・サプリメントを中心として健康豊かな生活を送るための発信を目指していきます。
あと最近は、Uber Eatsの配達パートナーをしながら近所のサイクリングをすることが好きです。

目次
閉じる