【筋トレ】BIG3+2である程度事足りる。

目次

こんにちは。

最近は筋トレについても様々な情報があり、結局どれをやれば良いか分からないという迷子状態になる方もいるかと思います。

個人的には、BIG3と+2があれば全身を満遍なく鍛えたい場合は事足りると自分自身感じているのでそのことについて書いていきたいと思います。

目次

BIG3+2について

・ベンチプレス
・スクワット
・デッドリフト
(ここまでがいわゆるBIG3)
・オーバーヘッドプレス
・懸垂

この5つの種目を指します。

この5つをやるメリット

1番のメリットとしては、この5つで大体全身賄えちゃうことだと思います。

  • ベンチプレス→胸・三頭
  • スクワット→脚全体
  • デッドリフト→お尻・ハム・脊柱起立筋
  • オーバーヘッドプレス=肩
  • チンニング=背中・二頭・リア

てな感じで、全身賄えそうですよね。さらに、これらの種目は比較的高重量を扱いやすく、そもそものフォームを安定させるために腹筋群などの体幹周りは相当使われます。

このような基本種目で全身をバランス良く鍛えることで健康的にも良いかと思われます。

懸垂しか行なっていない人は広背筋だけ過剰に発達したり、硬くなります。この場合、広背筋は骨盤を前傾させる働きもありますので懸垂しか行わないと反り腰を引き起こし、腰痛になってしまう、といったことにもなりかねません。

筋肉を全身バランス良く鍛えることでこのような不調を防ぐことができるでしょう。

どこかの筋肉だけとか特定の種目だけ、特定の動作だけ、をやりすぎるとどこかは発達しますが、どこかは弱化しやすいです。卓球選手やテニス選手が片腕だけ太いのとかもその例でしょう。

今回で言えば、BIG3と懸垂は広背筋を縮ませて行う種目なのでオーバーヘッドプレスのような広背筋をストレッチさせるような種目があることが肩周りなどの健康のために非常に大切になってきます。

てな感じで、それぞれの種目で足りないところを補い合いながら健康的に全身満遍なく鍛えられるこの5種目を中心にトレーニングしていくことを個人的にはオススメしております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

質の高い運動・食事・睡眠に生きがいを感じて、日々探求中。
良さげなサプリメントはすぐに試してしまう癖を持っています。
そんなことから、ダイエット・トレーニング・リカバリー・サプリメントを中心として健康豊かな生活を送るための発信を目指していきます。

目次
閉じる