ボディメイクは健康になれるの?

目次

こんにちは。横浜市中区周辺でパーソナルトレーナーをさせていただいている樋口です。

最近、日本では軒並み24時間のジムができたり、パーソナルジムができたりとフィットネスが加速しているのかなと思います。

それは=筋トレ、ボディメイクへの関心もそれだけ高まっているということと言っても良いかもしれません。

筋トレは正しく、適度に行えば健康にとても良い素晴らしい運動です。

しかし、良かれと思って過剰なダイエットやバルクアップに励む方が多いのも事実で、果たしてそれは健康に良いのか?と考えると答えはノーだと思います。

目次

ボディメイクと健康

ボディメイクと健康を両立するためには「過ぎたるは猶及ばざるが如し」ということわざがしっくりきます。

このことわざの意味は

何事も程ほどが肝心で、やり過ぎることはやり足りないことと同じように良いこととは言えない。 良いと言われることでも、やり過ぎは害になるということ。

http://kotowaza-allguide.com/su/sugitaruwaoyobazaru.html#:~:text=%E3%80%90%E9%81%8E%E3%81%8E%E3%81%9F%E3%82%8B%E3%81%AF%E7%8C%B6%E5%8F%8A%E3%81%B0%E3%81%96%E3%82%8B%E3%81%8C%E5%A6%82%E3%81%97%E3%81%AE%E8%A7%A3%E8%AA%AC%E3%80%91&text=%E4%BD%95%E4%BA%8B%E3%82%82%E7%A8%8B%E3%81%BB%E3%81%A9%E3%81%8C,%E8%A8%80%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%A8%80%E8%91%89%E3%81%AB%E5%9F%BA%E3%81%A5%E3%81%8F%E3%80%82

ほとんどの現代人はそもそも運動不足気味であると思うので基本的には運動をもっとやるべきですが、やり過ぎや、極端な食生活もまた、健康を害してしまうということです。

価値観の違いではありますし、目的も人それぞれなので正解はありませんが、過剰なダイエットやバルクアップを「健康」だと思い込んでやってしまうのが少し危険なのかなと思います。

「来月海に行くから一ヶ月で7キロ落とさなきゃやばい」と思いダイエットを急激に行うのなら、ある程度の健康は度外視するような食生活をしなければいけないことを自分自身理解した上で行うべきだと思っております。

フィットネス業界ではトレンド?であるフィジークやボディビルディングなどのフィットネス選手はあくまで競技者であるので本当に健康かと言われたら、極限まで体脂肪を落とす行為を健康とは言えないでしょう。

やはり、何事もですが適切で適量を見極めることはとても大切だと思います。

ダイエットやバルクアップにおいて「健康ありき」に身体作りをするのなら急激に見た目を変えることだけでなく、「内科機能の状態」もよく考慮しながら行うべきだと考えております。

内科機能の状態の具体的なものとしては

  • ホルモンバランス
  • 睡眠の質
  • 疲労感
  • 集中力

これらを自分で体調を鑑みると良いかもしれません。

オーバーワーク気味になると、疲労感が強くなったり、日頃の仕事や肝心のトレーニングの集中力もなくなってくるので適度な休息と栄養がやはりとても大切となってきます。

と言いながらも、筋トレが大好きな人たちというのは無理してでもトレーニングをする方が良いという方も多いです笑

結局トレーニングも自己満足ではあるので人それぞれですね笑

過剰なトレーニングを推奨しているわけではありません笑

改めてまとめると、「適度に休んで適度に運動して適度な量の食事をとる」(適切に)

結局はこれに尽きると思います。目的を達成する上で「健康ありき」を大切にするなら。

適度が良いのは知っているけど具体的に何をやれば良いかわからない方はお気軽にお問い合わせください。

あわせて読みたい
お問い合わせ
お問い合わせ

この記事を書いた人

運動・栄養・生活習慣の包括的なアプローチでお客様のお悩みや目標達成のサポートをさせていただいております。
・健康維持・ダイエット・身体づくり
・不良姿勢・慢性的な不調・スポーツパフォーマンスなどでお悩みの方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

目次
閉じる