フィッシュオイルサプリメントはとるべき?デメリットは?

悩む人のアイコン画像悩む人

フィッシュオイルって実際どうなの?人気だけどデメリットとかもあるの?

こんな疑問を解消します。

実際に私もフィッシュオイルをとっていた時期がありましたが、とあるリスクを知ってからとるのを辞めました。

本記事ではそのリスクを中心に、フィッシュオイルについて解説していきます。

☑️本記事の内容

  • フィッシュオイルの成分や健康効果
  • サプリメントによるフィッシュオイルのデメリット
  • オメガ3との付き合い方
  • まとめ
目次

フィッシュオイルの成分や健康効果

フィッシュオイルの成分は、「オメガ3」という必須脂肪酸で構成されています。

なのでフィッシュオイルをとること=オメガ3をとることだと思っていただいて大丈夫です。

オメガ3は

  • EPA
  • DHA
  • αリノレン酸

この三つの必須脂肪酸をまとめたものをいいます。
フィッシュオイルはこの中でも特にEPAとDHAの二つがたっぷり含まれています。(αリノレン酸は、亜麻仁油やえごま油、くるみなどに多く含まれています。)

これらの必須脂肪酸は体内で合成できないため外部から摂取する必要があります。

そのため、フィッシュオイルによって皆オメガ3を求めているのです。

悩む女のアイコン画像悩む女

なんでみんなそんなにオメガ3を求めるの?

それは、オメガ3には多くの健康効果が期待できるからです。

  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー
  • コレステロール低下
  • 抗うつ
  • 抗がん
  • 中性脂肪低下 など

これらのようなものすごい健康効果が期待できるわけですが、ビタミンやミネラルと違ってオメガ3は補酵素や補因子ではないため即効性があるものではありません。そのため、数日だけ飲んだところで効果があるというのはあまりないです。

良質な脂の摂取を継続することで徐々に自分の体の中の脂肪酸組成が変わっていき体質がゆっくり変わるイメージです。

ここまで、オメガ3の健康効果をいくつかあげました。オメガ3をとることはめちゃくちゃ良いことです。しかし、私は、個人的にオメガ3の摂取源としてフィッシュオイルはあんまりオススメできないです。その理由は次に解説します。

サプリメントによるフィッシュオイルのデメリット

サプリメントでフィッシュオイルをとることは楽だし手っ取り早いかもしれません。それなのになぜ私がフィッシュオイルをオススメしないのか。

それは「酸化」のリスクが大きいからです。いくら、オメガ3が健康効果があっても酸化していたら効果がないどころか逆に害になる可能性だって出てきます。多少なら消化管で分解されたり、還元してくれるので大丈夫かもしれませんが、毎日酸化しているフィッシュオイルを飲んでいるとしたら。。。

相当怖いですよね。

しかも、オメガ3って酸化にものすごい弱いんです。酸素に触れた瞬間から酸化が始まるので完全に酸化を防ぐことは不可能なので仕方ないことですが、例えばフィッシュオイルのサプリメントって一つのケースで多いものだと360錠とか入っています。

それを一日一錠飲むとしたら一年持ちます。一見お得ですけど、最初の一粒目を飲むために開けた瞬間から酸化が始まり、品質は下がっていくのみです。

そうすると一年後、最後に飲む一錠はどうなるか。って考えてから私は飲めなくなりました。

私の情報を鵜呑みにする必要はまっったくないです。しかし、こういうリスクもあるということを頭に入れるだけで考え方が全然変わってきます。

男のアイコン画像

じゃあ、クリルオイルにすれば?アスタキサンチンの抗酸化作用が酸化を防止してくれるし。

とても鋭いですね。私もそう思いましたが、クリルオイルでさえ酸化している報告もあるそうです。しかも普通に酸化レベルがめちゃ高い。↓のツイート。

どうしてもフィッシュオイルをとるなら高品質なものに限ります。

その場合便利なのがhttps://certifications.nutrasource.ca/certified-productsです。

海外製品のサプリの品質を調べることができます。

詳しい使い方は、筋肉あるあるさんの動画にのっています。

オメガ3との付き合い方

デメリットは散々話しました。とはいえオメガ3の健康効果はしっかりあるのでとっていく必要があります。

それでは、どのようにオメガ3と付き合っていけば良いのか。

ここまでオメガ3について書いてきましたが、実は「オメガ6」という必須脂肪酸もあって、こっちは大豆油やコーン油などの調理で使われる油によく含まれています。これも必須脂肪酸なので少しはとらなきゃいけないんですが、まず普通に現代人はオメガ3に比べ過剰に摂取しています。

そしてこのオメガ6ですが、オメガ3とはうって変わって炎症促進の作用が強いです。しかし調理油で大量に使ってしますので過剰になってしまうわけです。

本当はオメガ6とオメガ3の比率が2:1とか3:1が理想なんですが、今はオメガ6の比率が数倍以上多いのが現状です。

なのでまずは、オメガ6を減らす。そしてオメガ3を増やし比率を近づけていく努力をしていきましょう。

オメガ6を減らしオメガ3を増やす方法

オメガ6を減らす方法は

  • 調理油をオリーブオイルに。
  • ドレッシングはオリーブオイル+酢+塩胡椒。十分美味しいです。

オメガ3を増やす方法は

  • 魚を食べる
  • ナッツ類を食べる

これらの減らす作業と増やす作業をたった二つずつ行うだけでグッと比率は近づくでしょう。

まとめ

幸いにも私たちは日本に住んでいます。日本は新鮮な魚を使った料理が豊富です。

なので、フィッシュオイルにお金を払ってリスクをとるならそのお金でお寿司食べたり、お刺身を食べて楽しく美味しくオメガ3をとっていった方が健康にもメンタルにも良さそうです。

オメガ3を豊富にとれる環境に住んでるのを有効活用していけると良いですね!

それではまた〜

↓魚を美味しく食べるために。

この記事を書いた人

質の高い運動・食事・睡眠に生きがいを感じて、日々探求中。
良さげなサプリメントはすぐ試すという変な趣味を持っています。
そんなことから、ダイエット・トレーニング・リカバリー・サプリメントを中心として健康豊かな生活を送るための発信を目指していきます。
あと最近は、Uber Eatsの配達パートナーをしながら近所のサイクリングをすることが好きです。

目次
閉じる