MENU

ゾーン・ダイエットとは?メリットとデメリットを解説します。

2020 6/04
ゾーン・ダイエットとは?メリットとデメリットを解説します。
悩む女のアイコン画像悩む女

なんか、バランスの良いダイエット探してたら、ゾーンダイエットっちうのたどりいたんだけど。どんなもの?

こんなお悩みを解決します。

今回は、あまり聞いたことがない方も多いと思われる「ゾーン・ダイエット」について迫っていこうと思います!
早速、ゾーン・ダイエットの概要を解説していきます。

↓本記事の参考文献

目次

ゾーン・ダイエットとは

ゾーンダイエットとは、「4・3・3ダイエット」とも呼ばれ、生化学者のバリー・シアーズ博士という方が提唱した理論です。この4・3・3が何を表しているかと言うと、「炭水化物40%、タンパク質30%、脂質30%」を表しています。一日の食事のカロリーの割合を4・3・3にすることでホルモンバランスを適切な「ゾーン」に持ってこれてそれによって体調を良くしながらも綺麗に痩せていくことがゾーン・ダイエットのコンセプトといえます。

しかし、一日のトータルで4・3・3にすれば良いというわけではなく、毎食4・3・3にすることが重要です。極端な話、トータルで4・3・3でオッケーなら、朝食で炭水化物だけ4割、昼食でタンパク質3割、夕食で脂質で3割ということがありになってしまいます。それでは体に良くないということはなんとなく想像がつくと思います。

ゾーンダイエットの大きな特徴としては、三大栄養素をどれも制限をしないことが挙げられます。普通は、脂質制限や糖質制限のどちらかを制限することでダイエットをしますが、ゾーン・ダイエットではそれを行わないのです。また、この4・3・3という割合は原始時代の食事と同じと言われています。

メリット

健康的に痩せることができる。

この4・3・3という数字はテキトーに決めたのではなく、筋肉を壊さず、脂肪を燃やすホルモンバランスを絶妙に保てる割合であるとされています。さらに、善玉エイコサノイドと呼ばれる、炎症を抑えたり、免疫を増強したりするホルモン様物質を増やしてくれるため、体調も好調になりながらダイエットができます。

継続しやすい

心臓血管系の疾患のリスクを評価するための実験として、160名の人を対象にして4種類のダイエットを行ったものがあります。その4種とは、「ゾーンダイエット、糖質制限、脂質制限、ウェイトウォッチャー(カロリー制限)」です。その4種を2ヶ月間は言われた通りに実践してもらい、その後はお任せしますという感じで1年に渡り調査をしました。その結果、ゾーンダイエットとウェイトウォッチャーは脱落率が少なかったのです。

やはり、糖質も脂質もバランス良く摂れるため食事に対してのストレスは比較的少ないので継続しやすいのでしょう。

デメリット

食事管理が大変

ゾーンダイエットでは、毎食を4・3・3に近い割合でとらなければならないため少し計算が必要なため少なからず手間がかかってくるでしょう。

さらに、4・3・3にすればどんな食べ物でもでも良いというわけではなく、質の高い食材をできるだけ選ぶ必要があります。

↓例(挙げたものだけには限りません)

  • 炭水化物→出来るだけ未精製のもの。茶色い炭水化物、野菜、果物中心
  • タンパク質→豆類、鶏肉、新鮮な魚など
  • 脂質→オリーブオイル、ナッツ類、生魚の脂質など

これらを中心にしていけばダイエットは成功させやすいでしょう。

このように、ある程度の計算と質の高い食材が必要不可欠のため少し敷居が高いダイエットと言えるかもしれません。

短期的な効果は薄い

ダイエットをしたい方の中には、1ヶ月で5キロ痩せたいといった短期で効果を求める方が多いと思われます。
そういった焦りなどが強い方には、このダイエットは向いてないかもしれません。
なぜなら、このダイエットの体重減少効果は糖質制限や脂質制限と比べて低い可能性が高いからです。

しかし、私はたとえ体重は多少減りづらいとしても継続しやすくて、健康を増進しながら徐々に痩せれるのならむしろチャレンジしてみるべきだと思います。
短期的なダイエットには「我慢」がつきものです。我慢はいつか解き放たれてしまい、またリバウンドをしてしまう様な生活をとってしまう方が大半です。それならば、健康的で体調にも優れながら徐々に痩せれる生活習慣を身につけたほうが「近道」であると私は思います。ゾーンダイエットの提唱者であるバリー・シアーズ博士は、「ダイエットは美容と健康を一生追求する生き方」と述べております。

今、肥満などで悩んでいる方は1日でも早く痩せたいという方も多いでしょう。しかし、一瞬で楽にに痩せれたら誰も苦労しません。
楽しみながらコツコツと続けることが1番の近道です。

まとめ

今回はゾーン・ダイエットについてまとめました!

おぼえてもらいたいポイントは

・「4・3・3」により健康なダイエットが期待できる

・食材の質にこだわるのは大前提

・健康な生活習慣を身につけるのが1番の「近道」

最後にこんなこと言うのもアレですが、個人的に継続しやすいコツとして「4・3・3」はあくまで目安として、食材の質をできるだけ高めることを重視したほうが良いと思います。良い食材を食べることで幸福度がぐんと高まり、精神的にも豊かになり食生活がどんどん楽しくなっていきます。

この記事を書いた人

質の高い運動・食事・睡眠に生きがいを感じて、日々探求中。
良さげなサプリメントはすぐ試すという変な趣味を持っています。
そんなことから、ダイエット・トレーニング・リカバリー・サプリメントを中心として健康豊かな生活を送るための発信を目指していきます。
あと最近は、Uber Eatsの配達パートナーをしながら近所のサイクリングをすることが好きです。

目次
閉じる