MENU

ダイエットでマルチビタミンミネラル(MVM)は効果的?

2020 4/29
ダイエットでマルチビタミンミネラル(MVM)は効果的?
悩むダイエッターのアイコン画像悩むダイエッター

マルチビタミンミネラル(MVM)ってとった方が良いのかな?

この記事にたどり着いた方はこんなお悩みの方が多いかと勝手に思っております。

本記事では、ダイエットでマルチビタミンミネラルって本当に必要なの?

ってところから、じゃあとるとしたらどこがオススメなん?ってところまでマルチビタミンミネラルを常日頃摂取している私が解説します。

あくまで本記事ではマルチビタミンミネラルが必要なのかどうかというところの考察がメインのため、1つ1つの栄養素には特に言及しませんのでご了承ください。
それでは、早速いきましょ〜

本記事の参考文献は↓

目次

ダイエットにおいてマルチビタミンミネラルは必要不可欠?

結論から言うと、必ずしも必要ってわけではないです。
必要ではないけど、サプリを活用するなら優先順位は高いと思います。とるべきかどうかは自分の判断次第です。

どや女のアイコン画像どや女

とった方が良いのかとらないほうが良いのかどっちかにせえ

って声が聞こえてきそうですが、本記事の情報や考えをあくまで「参考」にして、とるかとらないかを自分で最適な判断を下していただきたいと思います。

ちなみに私は、自己判断のもとマルチビタミンミネラルを摂取しています。その理由なども後々解説していきます。

マルチビタミンミネラルについての考え方

サプリメントの目的って大きく分けて2つあります。

  1. すべての人にとって必要な基本的な栄養素の補給
  2. 特殊な機能性を持つ成分を摂取するもの

そんで、マルチビタミンミネラルは、人間にとって必要な五大栄養素の中の2つ(微量栄養素)なので上の目的でいうと「1」になります。プロテインなんかも「1」に該当するでしょう。

現代では「新型栄養失調」といって三大栄養素である炭水化物・脂質・タンパク質は十分満たされている割に微量栄養素であるビタミンとミネラルが不足しがちです。

ビタミンやミネラルは不足が深刻化しすぎちゃうと健康を損ないます。

でも、正直日本に住んでいて普通の食事をしていればビタミンやミネラルの不足のせいで健康を害するケースはほとんどないでしょう。つまり、とらなくても全然生きていけるわけです。現にマルチビタミンミネラルをとっている人の方が今生きている人の中で少ないわけですから。

どや女のアイコン画像どや女

なーんだ、じゃあとらなくて良いじゃん

そうおもうかもしれませんが、それもまた早計かと。

これはあくまで、健康を損なわないよという話でしてこれを読んでくださる方々はダイエットの質を高めたい、健康増進を求めている方が多いかと思います。

そんな方にとったらMVMは人間の必須栄養素でもあるので活用できます。

ビタミンやミネラルにおいて最低限健康を損なわない量と健康を増進する量っていうのは違うからです。

ビタミンカスケード

マルチビタミンミネラルを飲むことで食べた物をエネルギーにしてくれたり(代謝)、他にも無数の健康維持のための働きをしてくれたりします。微量栄養素は体内の健康維持をスムーズにしてくれることから「体内の潤滑油」とも言われます。

先ほど、最低限健康を損なわない量と健康を増進する量は違うよ、ということをお話ししましたが、もうほんとに不足する直前の量ギリギリなのと体内で微量栄養素が豊富に存在するのとではどちらが代謝などをスムーズに行われると思いますか?もちろん後者です。

「ビタミンカスケード」という理論があります。三石巖氏という方が提唱したものです。

カスケード=段々滝のことです。

ビタミンCを例にします。ビタミンCは、抗酸化作用やコラーゲン合成、アルコールの分解など、様々なとこから引っ張りだこの栄養素です。

そんなビタミンCがもうほんの少ししかなかったらそれらの効果をすべて発揮することはできません。人によってはコラーゲンの合成に行くだろうし、アルコールの分解に優先的に使われるかも。それは体質次第です。

そこでビタミンCをいつもより多めにとってみるとします。滝の上からビタミンCをたっぷり流したと想像してください。
流したばかりのとこ(優先的に使われるとこ)はもちろんビタミンCが行き渡って、さらに一番下の方で待ってる普段なら行き渡らないとこまでビタミンCが行き渡ったことによってビタミンCが持ってる効果を最大限に受けることができましたとさ。

ということです。

三石氏は、ビタミンCの研究をして自身が患っていた白内障にビタミンCの不足が関係していると考え、ビタミンCの注射を続けました。

すると、失明は免れないと言われた白内障を自力で直してしまったのです。

つまり、摂取量を増やしてみることで自分が経験したことない効果が出てくるかもしれないということです。
このような考え方があることも頭に入れておきましょう。

それでもまずは植物性の食品を食べることから

その前に一旦整理しましょう。

  • MVMはなくても普通に生きていける
  • でも、健康を損なわない量と健康増進する量は同じではない
  • ↑の理由の1つとしてビタミンカスケードという理論がある

今の所は、こんな感じでまとめてあります。だからと言ってまだ、微量栄養素はサプリからじゃぶじゃぶ摂らなきゃというわけでもございません。何から取るか?ということも重要になってきます。

最優先は植物性の食材からです。ココにきて言うのもなんですが、まずは食材を整えることの方が重要です。
その理由は

  • もちろん微量栄養素がとれる
  • その食材特有のファイトケミカルの効果も得られる
  • 食物繊維などの他の栄養も取れる
  • お財布に優しい
  • 食生活が豊かになる

こんな感じです。

ファイトケミカルとは、植物性の食品に含まれるそれぞれの色や、香り、味の総称でまだ未確認のものもたくさんありますが抗酸化作用など様々な健康効果が認められています。

ベリー類によく含まれるポリフェノールだったり、お茶っぱに含まれるカテキンなどが挙げられます。

こういった面も植物性の食材をとるべき理由の1つですね。

サプリメントが自然の食材に勝てるのはせいぜい微量栄養素の「含有量」くらいです。三大栄養素も含んでビタミンミネラルも豊富な植物性の食品にサプリが勝てるはずがないのです。

例えば

ジャンクフード+MVM vs 植物性主体の食事

どっちが良い食生活、良いダイエットに繋がると思いますか?

このバトルをした結果とかはないのであくまで予想と思い込みですが、確実に後者が勝ちますね。

前者のような新型栄養失調真っ只中のような食事をして「足りない栄養はサプリでゲット」と言う安易な考え方でMVMを取るならその代金を野菜や果物に回しましょう。

どや女のアイコン画像どや女

いや、サプリは補助だから良いんだよその考えで

と言う声が聞こえてきそうです。それも一理ありますが、確実にもっと良い方法がありますよーていうことです。

どのようにしてMVMを活用するのか

では、もっと良い方法とはなんなのか。

上記の「カスケード理論」と「植物性の食品優先」を読んで勘の鋭い方はわかった方は気づいたかもしれませんが、

「質を伴った上で量をとる」

このことが大切になってきます。

植物系の食事を中心とした食材からもとりつつ、サプリメントも活用する。これです。

質の良いの食事とサプリメントで身体中の全ての代謝を滞りなく行う。

体の求める全ての代謝が完遂され、健康レベルを最高状態に持っていくことを「パーフェクトコーディング」と言います。

ここまでできればね、もう後悔はありません。でも、完全にやり切るのは不可能だと思うし、難しいけど、追求できるとこまでしたいですよね。ここに関しては、実践してみて体調が良くなったり、疲労回復がすごい、身体の反応が良いってなれば成功だと思います。

実際自分はこれに近い食生活ができた日は総じてエネルギーに満ち溢れます。それは質と量を伴っているからです。

私がMVMをとる理由は「微量栄養素の恩恵を最大限受けたいから」です。

また量についてですがダイエットや健康に気を使っている方、またはアスリートなどは普段から運動しているため、総じてビタミンやミネラルの必要量が増えてきます。

人それぞれ個人差があるのでどのくらい必要なのかは一概には言えませんが、こちらを参考にしてみてください。

あわせて読みたい
No.007 ビタミン・ミネラルの安全な摂取量について | アンチエイジングトピックス | 田中消化器科クリニッ...
No.007 ビタミン・ミネラルの安全な摂取量について | アンチエイジングトピックス | 田中消化器科クリニッ...痛くない内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)を目指す、静岡市の田中消化器科クリニック。年間5000件超の豊富な実績で消化器がんの早期発見と適切な治療をします。アンチエ...

オススメのマルチビタミンミネラル

はい、最後にオススメのMVMを教えます。当たり前ですが、サプリメントにも「質」を求めてください。

コスパ、信頼度、含有量などを加味して私がオススメするのは、

あわせて読みたい
Source Naturals, ライフフォース・マルチプル、 鉄分なし、 120カプセル

Source Naturals社の「LIFE FORCE」です!!

ビタミンミネラルの含有量の多さも良いですし、α-リポ酸や、アスタキサンチン、CoQ10などの抗酸化物質も豊富に入っているところがgood!

さらに、ビタミンCも脂溶性なので体内で長くいる上に利用効率が高いです。

と、ここで注意点なのが上のリンクの商品はそうなのですが、「鉄分なし、カプセル型」をオススメします。

特に男性の方は。鉄は、過剰にとりすぎることで心臓病のリスクも高まってしまうので。また、カプセルはタブレットより吸収率が良いです。

LIFE FORCEだけでも様々なラインナップがあるのでそこだけまちがえないように。

摂取タイミングは食後。

もう1つだけ。オススメのサプリメントがあります。

Paradise Herbs社の「ORAC-Energy-Greens」です!

あわせて読みたい
Paradise Herbs, ORAC-エネルギーグリーン, 12.8オンス(364 g)

こちらは、マルチビタミンミネラルではないんですが、粉末化された野菜、ベリー、スーパーフード、ハーバルアダプトゲン、プロバイオティクスなどが入っているマルチ栄養サプリメントです。

ちなみにBest of Supplement賞も受賞したことのある人気サプリメントです。

具体的なビタミンミネラルの含有量は書かれていないですが、豊富であることはもちろんのこと、食物繊維や、プロバイオティクスにより腸内環境も整えてくれます。これはとりあえず飲んだらわかります。

ヒグマのアイコン画像ヒグマ

これが、身体が栄養で喜んでいる感覚か。

野菜などを普段食べない人、調理がめんどくさい人にエネルギーグリーンはめちゃくちゃおすすめです。

ただ、水で飲むと良い味はしないです笑
なので私はチョコ味のプロテインに混ぜて飲んでいます。普通に美味しく飲めます。

まとめ

本記事で私が伝えたいことは、「質を伴った上での量だよ」ということです。

毎日お菓子やジャンクフード食べてて帳消しするためにサプリをとるならまず食材を整えようということ。

食材を整えてしっかり運動してしっかり寝てという生活に上記のような質の高いサプリをうまく活用すればダイエットや健康はさらに加速していくことでしょう。

せっかく、「サプリメントを活用してみたい!」という素晴らしい心意気があるなら全てにおいて質を高める努力をすると良いかもしれませんね!

以上です!ありがとうございました!

この記事を書いた人

質の高い運動・食事・睡眠に生きがいを感じて、日々探求中。
良さげなサプリメントはすぐ試すという変な趣味を持っています。
そんなことから、ダイエット・トレーニング・リカバリー・サプリメントを中心として健康豊かな生活を送るための発信を目指していきます。
あと最近は、Uber Eatsの配達パートナーをしながら近所のサイクリングをすることが好きです。

目次
閉じる