横から見た姿勢を改善するメリット

目次

こんにちは。

今回は、横から見た姿勢を改善することのメリットについて書いていきます。

いわゆる姿勢が悪い、というのはみなさん想像するのは横から見た姿勢だと思います。

横から見た姿勢で頭が前に出ていたり、肩が丸まっていたり、腰が反っていたりすると見た目に影響するのはもちろんのことです。

しかし、横から見た姿勢が崩れることは見た目だけでなく、健康機能的にも大きな悪影響を及ぼしています。

横から見た姿勢を改善することを矢状面の安定化と表現したりするのですが、なぜ、矢状面を安定させることが重要なのでしょうか??

目次

矢状面を安定させる重要性

矢状面を安定性が欠如(横から見た姿勢が悪くなる)すると上のような写真の姿勢になりがちで様々なデメリットを被ってしまいます。

腰が過剰に反ってしまい首や肩が前に出てしまっているような姿勢ですね。

矢状面の安定性が欠如すると・・・

  • 頭が前に出る
  • 胸椎の丸まりが過剰になる
  • 背中の筋肉が過緊張になる
  • 腰の反りが強くなる
  • ストレートネック
  • 肋骨が開いてしまう
  • 前ももが太くなりやすい
  • ヒザの過伸展
  • ふくらはぎが太くなりやすくなる

こういったようないわゆる見た目への悪影響を及ぼしますし、これが原因で腰痛、肩こり、首こり、疲れやすい、などなど心身の不調につながる可能性があります。

このような姿勢の状態のことをECSS(Extension Compression Stabilizing Strategy)と言います。

ECSSとは日本語で伸展圧迫安定化戦略と言います。⇨股関節屈筋群と脊柱起立筋群による過度な代償作用を使って安定させる戦略です。

体幹がしっかりと機能していない場合などに背中や、股関節の前側などをガチガチに固めながらなんとか姿勢を作っているという感じです。

このような身体の使い方で姿勢を安定させる仕組みになってしまうと先述のような見た目、心身の不調はもちろん、怪我のリスクは上がりやすく、運動パフォーマンスは上がりづらいので改善する必要があるでしょう。

まとめ

まあこんなことを書いている自分も割と矢状面の安定性が低い方です。

そのため、自分自身でも矢状面を安定させるための運動を多く取り入れています。

やっているからこそわかるのですが、矢状面を安定させることは本当に重要だと実感しています。

この記事を2時間くらい座りっぱで書いていますが、すでに少し首が張ってきますし、目も疲れてきます。

逆に、矢状面安定、つまり姿勢改善系のエクササイズを行なったあとは身体が本当に楽になります。

デスクワーカーなどは首肩などが前に出る姿勢で長時間作業するので適切な運動を通して姿勢が悪くならないようにすることが健康維持につながると思います。

今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

質の高い運動・食事・睡眠に生きがいを感じて、日々探求中。
良さげなサプリメントはすぐに試してしまう癖を持っています。
そんなことから、ダイエット・トレーニング・リカバリー・サプリメントを中心として健康豊かな生活を送るための発信を目指していきます。

目次
閉じる