ダイエットにおいて野菜を食べることが効果的な訳

悩む女のアイコン画像悩む女

ダイエットに野菜って良いの?
ベジタブルファーストって効果あるの?

今回は、こんなような疑問について書いていきたいと思います。

野菜が健康に良いのはなんとなくわかっているけどダイエットにどのような効果を発揮してくれるのか知りたい方はぜひ読んでみてください。

目次

野菜がダイエットに効果的な理由

それは「食物繊維」と「消化管ホルモン」がキーポイントとなります。

私たちの体の中には「小腸」という全長約7mほどの消化器官があります。

そして、その小腸には「GIP」と「GLP-1」というホルモンが存在します。

全長が約7mの小腸ですが、その長い間に私たちが食べたものを消化したり、栄養素を吸収したりしてくれます。

7mもあるので小腸の中でも上の方で早く吸収されることもあれば下の方までずるずると引きづられながら吸収されることもあります。

その、小腸の上の方(上部)で吸収されるか、下の方(下部)で吸収されるかが今回の大きなポイントとなってきます。

先ほど、小腸には「GIP」と「GLP-1」というホルモンが存在すると述べましたが、小腸の上部で消化吸収されるとGIPというホルモンが分泌され、上部からずるずると引きずられて下部で吸収されるとGLP-1というホルモンの分泌が多くなります。

上部で吸収されると分泌されるGIPは、糖質や脂質を脂肪細胞に取り込ませる働きを活性化させ、脂肪蓄積を促進することがわかっています。

一方で、小腸の下部で分泌されるGLP-1は高血糖の抑制、さらには満腹感を高めてくれるという効果があるので食べ過ぎを抑えてくれます。

そのため、ダイエットの場合はできるだけGIPを分泌させずに小腸の下部で消化吸収を行いGLP-1を分泌させるということが重要となってきます。
※GIPは悪いところだけでなく「骨形成促進」など良いところもある。

つまり、食物繊維を先に食べたり、量を増やすことで消化吸収が緩やかになるので小腸上部で分泌されるGIPの分泌が抑制され、小腸下部で分泌されるGLP-1の分泌量が増えるため減量効率化につながるということです。

同じカロリーを食べた時でも高食物繊維の食事と低食物繊維の食事では低食物繊維の方が脂肪の蓄積を抑えることができるというのもわかっているそうです。



まとめると

野菜(高食物繊維の食事)をとる
      ⬇︎
消化吸収が緩やかになって小腸の下部まで栄養素がひきづられていく
      ⬇︎
小腸の下部で消化吸収が行われると「GLP-1」が分泌される
      ⬇︎
「GLP-1」が分泌されると高血糖の抑制や食欲の抑制が起こる
      ⬇️
   ダイエットに効果的。

てな感じですかね。

今回は主に食物繊維の働きから言及しましたが、野菜にはビタミンやミネラル、フィトケミカルが豊富ですので様々な健康効果を発揮するため満遍なく食べるのをお勧めいたします。

まとめ

ダイエットに野菜は効果的な食材であることは間違いなさそうです。

野菜にはほぼカロリーがないので食べるだけお得かと個人的には思います。

カロリーないくせに栄養素が豊富というので本当に良い奴でしかありません。

以上になります。ありがとうございました。

この記事を書いた人

質の高い運動・食事・睡眠に生きがいを感じて、日々探求中。
良さげなサプリメントはすぐ試すという変な趣味を持っています。
そんなことから、ダイエット・トレーニング・リカバリー・サプリメントを中心として健康豊かな生活を送るための発信を目指していきます。
あと最近は、Uber Eatsの配達パートナーをしながら近所のサイクリングをすることが好きです。

目次
閉じる